秘密

『秘密』

『秘密』のキャッチコピーは『運命は、愛する人を二度奪っていく』。原作は東野圭吾のベストセラー・ファンタジー小説。死んだ妻の人格を宿した娘と、彼女と夫婦生活を送ることになった中年男の愛の行方を描いたドラマ。監督は「お受験」の滝田洋二郎。99年度日本推理作家協会賞を受賞した東野圭吾による同名小説を、「SF サムライ・フィクション」の斉藤ひろしが脚色。1999年9月25日、東宝系にて公開されました。映画版では原作とやや設定が異なり、藻奈美が高校生の時から物語が始まります。原作者の東野も大学教員役で1シーンのみ出演しているのもポイントです(笑)撮影を「お受験」の栢野直樹が担当しています。主演は、「鉄道員」の広末涼子と「洗濯機は俺にまかせろ」の小林薫。

東野圭吾が読みたい!

『秘密』概要

バスの交通事故により母親(岸本加世子)が死に、娘(広末涼子)は生き残った。しかし、生き残った娘の心は、死んだはずの母親のものだった。それは残された父親(小林薫)と娘の秘密となったが、夫婦なのか親子なのか、奇妙な生活は…。長らく大きなヒットに恵まれていなかった東野圭吾が、ブレイクすることとなった出世作です。第120回直木賞、第20回吉川英治文学新人賞、第52回日本推理作家協会賞(長編部門)にそれぞれノミネートされ、最終的には推協賞を受賞し、「無冠の帝王」などと呼ばれることもあった東野にとって、乱歩賞以来、つまり、デビュー以来のタイトル獲得となりました。

『秘密』ストーリー

スキーバスの転落事故で、病院に運ばれた杉田平介の妻・直子と高校生の娘・藻奈美。直子は息を引き取るが、意識不明だった藻奈美は一命を取りとめる。ところが、意識が戻った藻奈美の体には直子の人格が宿っていたのである!戸惑いながらも、世間的には父と娘として暮らすことになる平介と直子。だが、17歳の体になった直子はいきいきと若さを満喫する一方、平介は疎外感を感じるばかりか、医大に入学した直子の周りに恋の噂もあって気が気じゃない。そんなふたりの気持ちは、次第にすれ違うようになっていく。しかし、お互いの愛を確かめようにも平介は娘の体をした直子を抱くことは出来ないのだ。ある日、平介は事故を起こしたバスの運転手・梶川の息子・文也から、父親が家族の生活の為に過剰労働して事故を起こしてしまったことを聞かされる。家族の幸せが自分の幸せだと語っていた梶川の言葉に、平介は直子が藻奈美として生きていくことが彼女の幸せなのではないかと思うようになる。そんな折、藻奈美の人格が現れ出したのである。娘が戻ってきたと喜ぶ平介だが、同時にそれは直子の人格が消えることを意味していた。そして、複雑な想いの平介に運命の日はやってきた。平介と直子は、初めてデートした岬の公園で永遠の別れをする----。それから数カ月後。花嫁の父である平介は、藻奈美を文也に嫁がせようとしていた。ところが、彼は自分の喉元を触って髭の剃り残しを確かめる直子の癖から、実は藻奈美の人格は直子のままであったことに気づいてしまう。だが、彼女の幸せを考えた平介は、彼女を娘として送り出してやるのだった。

『秘密』の受賞(個人賞)

  • 第23回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(広末涼子)
  • 第23回 日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(小林薫)
  • 第33回 シッチェス・カタロニア国際映画祭 最優秀女優賞(広末涼子)
  • 第33回 シッチェス・カタロニア国際映画祭 最優秀脚本賞(斉藤ひろし)

『秘密』キャスト

  • 杉田藻奈美・直子 - 広末涼子
  • 杉田平介 - 小林薫
  • 杉田直子(入れ替わり前まで) - 岸本加世子
  • 梶川文也 - 金子賢
  • 橋本多恵子 - 石田ゆり子
  • 相馬春樹 - 伊藤英明
  • 木村邦子 - 篠原ともえ
  • 吉本和子 - 柴田理恵
  • 梶川幸広 - 大杉漣
  • 三郎(直子の父) - 山谷初男
  • 容子(直子の姉) - 橘雪子
  • 藤崎(バス事故・被害者の父) - 國村隼
  • 木島 - 徳井優
  • 亀田 - 広岡由里子
  • 小田島(高校時代の同級生) - 内山信二
  • 富雄 - 冷泉公裕
  • 好美 - 塩崎沙織
  • 友紀 - 浅見れいな
  • 里香 - 生田いづみ
  • 真美 - 金井良子
  • 弁護士 - 斉藤暁
  • 寿司屋の主人 - 螢雪次朗
  • 医師 - 並樹史朗
  • 看護婦 - 成瀬文枝
  • バス事故・被害者の会幹事 - 山中篤
  • TV局報道記者 - 柴田秀一
  • 大学教員 - 東野圭吾
  • 『秘密』スタッフ

  • 製作:児玉守弘
  • 企画:原田敏明
  • エグゼクティブ・プロデューサー:間瀬泰宏
  • プロデューサー:田上節郎、進藤淳一
  • 監督:滝田洋二郎
  • 脚本:斉藤ひろし
  • 音楽:宇崎竜童
  • 撮影:栢野直樹
  • 美術:金田克美
  • 照明:長田達也
  • 編集:冨田功
  • 製作:TBS

『秘密』の主題歌

天使のため息(作詞・作曲:竹内まりや、編曲:山下達郎、歌:竹内まりや)

テレビドラマ『秘密』

キャッチコピーは「秘密が、愛を、濃密にする」。2010年10月15日よりテレビ朝日系列『金曜ナイトドラマ』枠で放送されました。舞台は原作・映画とも異なり、2007年夏・藻奈美が16歳の時から始ました。この同枠で東野の作品がドラマ化されるのは『名探偵の掟』以来2作目です。主演の志田未来は、『ハンマーセッション!』(TBS系)に続き、2期連続の連続ドラマ主演で、テレビ朝日のドラマ初主演作品となりました。

テレビドラマ『秘密』キャスト

  • 杉田藻奈美・直子 - 志田未来
  • 杉田平介 - 佐々木蔵之介
  • 橋本多恵子 - 本仮屋ユイカ
  • 小坂洋太郎 - 橋本さとし
  • 吉本和子 - 池津祥子
  • 藤崎和郎 - 升毅
  • 川辺由梨絵 - 林丹丹
  • 相馬春樹 - 竜星涼
  • 梶川征子 - 堀内敬子
  • 梶川幸広 - 吹越満
  • 梶川逸美 - 日向ななみ
  • 根岸文也 - 田中圭
  • 沢田美香子 - 朝加真由美
  • 杉田直子(入れ替わり前まで) - 石田ひかり
  • バス事故・被害者家族 - 大森暁美、渡辺憲吉
  • 三郎(直子の父) - 河原さぶ
  • 直子の姉 - 村岡希美
  • 平介の同窓生 - 中田有紀、矢柴俊博、芋洗坂登郎、鈴木美恵
  • 産婦人科医師 - 一色采子
  • 平介の上司 - 大河内浩
  • 風俗嬢(ソープ) - みひろ
  • 時計屋店主 - ミッキー・カーチス

テレビドラマ『秘密』スタッフ

  • 脚本:吉田紀子
  • 演出:唐木希浩(5年D組)、高橋伸之(テレビ朝日)、日暮謙(5年D組)
  • 音楽:溝口肇
  • ゼネラルプロデューサー: 横地郁英(テレビ朝日)
  • プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、太田雅晴(5年D組)
  • 企画協力:文藝春秋
  • 制作協力:5年D組

テレビドラマ『秘密』主題歌

初音 「つよがりソレイユ」(作詞・作曲:常田真太郎、編曲:十川知司)

夏の読書 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく心までも健康にしますhttp://www.kawashimashika.com/ 三鷹 歯医者インプラントによる入れ歯なら天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。